新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。 新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。 新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。 新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。 新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。 新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。 新時代の交野を創ります!全てを投げ打ち、故郷のために働き、交野の危機を救いたい。その原点を決して忘れることなく、日々、交野のために働きます。

改革 実現

交野病院問題のヤミを暴く

 交野病院が産婦人科を開設する約束で、交野市が交野病院に随意契約で市有地を売却したにもかかわらず、交野市と交野病院との密約により、交野病院に産婦人科が開設されないとの情報が私に寄せられました。私は、大阪府から「病院開設許可申請書」を入手し、①現時点で「分娩室」が作られていないこと、②産婦人科医をWeb上で募集していない(交野病院によると、別途求人を行っている)こと、③交野病院への土地の売却直後の平成25年12月に交野病院が産婦人科の開設が難しいと交野市に連絡しているにもかかわらず公表されなかったこと、④交野市と交野病院との契約書に産婦人科の開設が求められなかったこと、を総合的に勘案し、情報提供どおり、交野市と交野病院との間に産婦人科を開設しないという密約があったとの結論に至りました。そのため、状況を交野市民の皆様に知らせたく、朝日新聞社に対して、情報提供を行いました。
 平成26年6月26日、私からの情報提供に基づき、日本を代表するクオリティーペーパーである朝日新聞が、「交野市、産婦人科開設見込み随契で用地売却 病院「開設難しい」」との見出しで記事を掲載しました。
 平成27年5月15日、朝日新聞朝刊に「産婦人科開設見込み随契 開設困難で違約金請求 交野市」の記事が掲載されました。
 平成27年11月2日、私からの追及に対し、交野市は、「交野病院が契約書に記載のない産婦人科の開設を認識しており、産婦人科開設の契約は有効であり、裁判をするつもりはない」、と答弁しておりますが、11月9日、交野病院から調停の申し出がなされており、現在調停中です。

教育委員会による年間約1,900万円の随意契約をストップ

 交野市教育委員会と一般社団法人交野市体育文化協会とが年間約1,900万円の違法性の高い業務委託契約を締結し、交野市民の皆様の税金を浪費しておりました。私は、交野市教育委員会を追及し、平成28年以降は随意契約を中止することが決まりました。

水道局による年間約5,300万円の随意契約をストップ

 水道局と交野市役所の天下り団体である交野市水道サービスとが、緊急事態発生時にしか使えない緊急随意契約を毎年4月に契約し、その中で緊急性のない工事まで実施しました。また、メーター取替業務等の3つの随意契約を締結しました。さらに、バレないように決算書で隠蔽工作までしました。随意契約の総額は、平成26年度で約5,300万円に上り、交野市民の皆様の税金をひたすら浪費しておりました。私は、交野市水道局を追及し、平成28年度以降は毎年4月の緊急随意契約を廃止して他の3つの随意契約を入札に変えることが決まりました。

交野市役所職員が使用するヤミ補助金を暴いて廃止

 交野市は、団体の運営費を団体が負担すべきと考え、団体への補助金のうち、運営費の補助を廃止しております。しかしながら現実は、交野市内のとある団体にヤミ補助金というべき運営補助金を支給し続けてきました。さらに、その運営補助金を利用しているのは、交野市役所職員でした。追及し、平成28年以降は補助金を停止することが決まりました。

歴代市長が代表を務める団体への補助金を暴いて廃止

 歴代市長が代表を務め、交野市役所職員が事務局を務めるある団体に総額約1,600万円の補助金を支給する「お手盛り」補助金で交野市民の皆様の税金を浪費しました。平成27年12月16日、山本けいからの情報提供により、産経新聞が平成28年度以降は補助金を停止すると報道しました。さらに、翌日、民法108条相互代理に抵触すると指摘し、教育委員会は違法性を認めました。

医師会・歯科医師会・公務員組合による公共施設の無償利用を見直し

 交野市民の皆様が公共施設を利用する場合、たとえ子どもが使う場合でもお金を払います。しかしながら、ゆうゆうセンターには交野市医師会と交野市歯科医師会がタダで入居しております。交野市役所別館には交野市職員労働組合がタダで入居しております。業界団体や公務員組合による公共施設の私物化は許しがたい行為であると考え追及し、見直しが決定しました。

特定の団体しか受けられない公共施設等利用料減免を追及し、交野市民の皆様に開放

 各種条例や条例施行規則で、利用料の減免は、体育文化協会への加盟が必要ではないにもかかわらず、体育文化協会に加盟しないと減免が受けられないとデタラメを説明していることが発覚しました。私は、交野市教育委員会を追及し、交野市民の皆様の一定の条件を満たす団体なら減免が受けられるようになりました。

河川砂防地を勝手に不法耕作追求してやめさせる

 星田6丁目30番地では、大阪府の河川砂防地が無許可で畑になっております。まわりをネットで囲い、倉庫を建て、水道を引き、ネギ、キンカン、シソ、シシトウ、トマト、等を栽培しております。賃料はタダです。数十年前からこの状態で、大阪府枚方土木事務所は、気づいていながら、有効な対策を打てずにいました。速やかに大阪府枚方土木事務所に抗議し、自主撤去がなされなければ、今年度中に大阪府が強制撤去することが決まりました。すでに、不法耕作は解消しております。

奥野副市長の?な公用車利用を是正

 奥野一志副市長は、通常、自家用車で通勤しておりますが、夜の会合がある日、自家用車を自宅に乗って帰られなくなるので、交野市役所職員に公用車で自宅まで迎えに来てもらっております。交野市役所職員からの相談を受け、調査をいたしましたところ、夜の会合は、公私合計年間約100回もあり、中には、約10日、予定表上、公務日程がない日もありました。また、公務日程には、私用の夜の会合でも、「京都」等、いかにも楽しそうな記述もございました。交野市議会で追及いたしましたところ、奥野副市長は、「誤解を招かないよう考えて参りたい」と答弁いたしました。

勝手に駐輪場にされた私たちの道路用地を取り戻す

 私市駅前の公園の道路をはさんで南側にある駐車場・駐輪場の突出部は、交野市の土地ですが、ある個人の方が占有し、駐輪場にしております。駐輪場の利用料は、ある個人の方のポケットに入っております。平成27年交野市議会9月議会にて追及したにもかかわらず、交野市は「苦慮している」とのとんでもない答弁しかしませんでした。私は、強制撤去しなければ、住民訴訟を起こすと交野市に警告した結果、平成28年交野市議会3月議会にて、「新年度に整備する」と答弁しました。

猫「殺処分ゼロ」のスキームを実現

 これまで交野市では、交野市民より捨て猫の引取または保護の連絡があると、大阪府四條畷保健所に連絡し、結果、ほとんどが殺処分されておりました。また、直接、交野市民より大阪府四條畷保健所に連絡があっても、同様にほとんどが殺処分されておりました。平成28年度より、交野市では、私を含む複数の議員の働きかけがあり、猫の避妊・去勢に対し、補助金が出されるようになります。しかし、交野市の受付、大阪府四條畷保健所とも何も知らされおらず、結果、このままでは、従来どおり、交野市民の連絡があると、結果的に殺処分されてしまいます。そのため、私は、交野市の受付、交野市環境衛生課、大阪府四條畷保健所、に調整をかけ、交野市環境衛生課が市民団体の窓口となり、補助金を有効に活用しながら、猫「殺処分ゼロ」を実現するスキームを確立しました。

Copyright© 2010–2017 山本けい オフィシャルホームページ All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi